去る5月末日、スニーカーファンの自主的な交流を促す主催者なきイベント「SNEAKER FES」の第2弾が大阪京セラドームの特設会場にて開催された。当日は午前11時の開場前からスニーカーへの愛情をこじらせた同志諸君が列を成し、壁を隔てたオリックスvs広島カープの交流戦はもちろん、カープ女子にも脇目を振らず、続々と集結する在阪スニーカー愛好家。会場の賃料など運営経費として入場料¥1000(フリマ出品者は半額)を負担し、自慢のスニーカー着用で馳せ参じた来場者は計600人オーバー。昨年11月に池袋で開催された初回を上回る集客に全国規模のスニーカーブームを実感せざるを得ない。

会場では協賛メーカーやショップがブースを出店、プレミア必至の人気モデルを特別価格で放出する等、至るところで黒山の人だかり。そこでは売る者と買う者の境界を超えたスニーカーを愛する者同士、情報を共有し、薀蓄をたまわる。また会場奥に設置された展示コーナーにはコレクター収蔵のお宝モデルがズラリ。スニーカーカルチャーの奥深さを改めて知る。ここに日本のスニーカー文化が確かな根を張る瞬間を目撃した皐月の夕暮れより報告終わり。

 

ギャルソン別注ヴァンズからSTUSSYダンクまで新旧レア揃い踏みのブースもあれば、大阪の老舗スポーツショップやジョガーパンツの専門店、シューケア用品の即売ブースまで様々。また一般来場者が持参のスニーカーを出品するフリマコーナーも用意され、プロアマ問わない自由な商空間が「SNEAKER FES」の理念。

開催前日に発売されたエアジョーダン1レトロ“CHICAGO”など超プレミアモデルを定価で購入できる権利を巡り、当選者がじゃんけんに運命を託す「SNEAKER FES」最大の見せ場。ちなみに時価10万円は下らないAJ1レトロをゲットした青年は、歓喜の雄叫びを上げ、その場で直履きする男気を見せた!

日本屈指のコレクターによる超絶プレミアモデルの展示コーナー。サンプル生産のみのプロトタイプやNBA選手のサイン入りプレイヤーズモデルなど、通常では市場に出回ることもないマニア垂涎のお宝モデルがズラリ。その稀少価値の高さがスニーカーカルチャーの奥深さを垣間見せる。


続きはBoon 2015夏号で!

 

この記事の関連アイテム

  • SPINNS LADIES(スピンズ レディース)の「 ダメージデニムスキニーパンツ(パンツ)」

    SPINNS

    ¥2,157税込

  • branshes(branshes)の「フリルチュニック(チュニック)」

    BRANSHES

    ¥2,192税込30%OFF

  • adidas(アディダス)の「《メルマガ掲載》adidas アディダス STAN SMITH スタンスミス M20324 RWHT/RWHI/FAIR        (スニーカー)」

    ABC-MART

    ¥9,612税込

  • adidas Originals(アディダス オリジナルス)の「★2017春夏★オリジナルス スタンスミス [STAN SMITH](スニーカー)」

    adidas

    ¥15,120税込

  • ボトムス(ボトムス)の「花柄ロングフレアースカート(スカート)」

    r・p・s

    ¥2,149税込